明日はゲームかアスカ

赤いプラグスーツとレトロゲームを愛するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『桃太郎伝説外伝第1集』

『桃太郎伝説外伝第1集』PCE版を遊んだので書き留めたメモを記します。

2016/01/31
・レトロフリークでプレイ。
・PCE版桃太郎伝説2のまんま続編。
・貧乏神伝説、夜叉姫伝説、浦島伝説の3編から好きなのを選べる。データは別々に2つずつ。
・夜叉姫伝説を開始。
・海の向こうの地獄からマンダラ王が地獄王のもとへと攻めてきた。
・地獄はすべてで108つある。地獄王の地獄は101番目でとても弱い勢力。マンダラ王は8番目。笑えないインフレだ。
・夜叉姫がマンダラ王に愛と勇気を教えるべく前線に向かう。
・PTメンを3人選べる。阿修羅、風神、雷神が鉄板だが、風神、黒河童、天邪鬼を選ぶ。あとから替えれるしね。
・黒河童は命令通りに動かないこともあるが、相手を即死させたり味方を回復させたりと使いどころがハマれば有能。
・天邪鬼もパルプンテ的な行動を起こすがマイナス要素のある行動は今のところないのでこれも悪くない。
・黒河童も天邪鬼も装備ができないのでお金の節約にもなる。
・地下13階から地上のマンダラ王の砦を目指すダンジョンのみの構成。各階にボスがいる。
・地蔵が適正レベルを教えてくれるので苦戦はしないだろう。地味な作業が好きなプレイヤーには頭空っぽにして遊べる作りかと。

2016/02/06
・仕事前の早朝にクリアー。夜叉姫伝説。
・30段がMAX。
・地下7階の村で装備を整えるために2時間ほどレベル上げ&金策。おかげでこれ以降詰まることもなくすいすいと進む。
・続けて浦島伝説。
・こっちはストーリー展開があるので地味だけど次を考える行動がとれる。
・戦闘回数なのか、イベントフラグなのか、いたずら者の狸かむろが戦闘中に浦島の邪魔をしなくなっていく。

2016/02/17
・浦島伝説クリアー。イタズラ狸どもは力でねじ伏せれば勝手に改心していったクソシナリオだった。
・全般的に敵は強め。ただし脳筋が多い。
・ステータスは後半金太郎の伸びが凄まじく素早さまで圧倒する始末。

2016/02/18
・貧乏神伝説クリアー。半日でクリアーできるボリューム。
・ほぼ1ミッションなのでサクサク段も上がる。
・攻撃がお金を盗むうえに戦闘終了後にも普通に入金があるのでお金がザクザクと変動する。そこテーマだし。
・これぐらいお手軽なRPGなら今でもありだね。むしろこの貧乏神伝説が企画のスタートなんじゃってぐらいこれだけ完成度高い。
・あとは無理やり企画を練り上げたかのようなバランス。夜叉姫はキャラ人気と戦闘ゲームとして成り立ってたけど、浦島はあんまり。
・貧乏神伝説クリアーするとまんま2周目ができる。経験値とお金が4倍モードの桃伝伝統仕様。
・ただしキャラが六角仙人、福の神、天邪鬼のどれかにランダムで決まる。
・福の神でプレイ。30分でラストダンジョンまで到着。装備もないしシナリオ一緒だし。
・福の神は完全なる脳筋。攻撃は図抜けてるが他が全然、かえって難しいキャラかも。
・守備力跳ね上がった
・1時間かからずに福の神クリアー。また貧乏神の最初からやれば別のキャラの2周目できるけどどうするって?もういいよ。そうじゃろうなって…



関連記事

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 明日はゲームかアスカ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。