明日はゲームかアスカ

赤いプラグスーツとレトロゲームを愛するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『仮面ライダーアマゾンズ』

観たい特撮を見つけてみよう!

『仮面ライダーアマゾンズ』は俺が最も求めていたモノにすこぶる近い!!



平成ライダーシリーズはいくつかは見てないけどだいたいは観てます。
1番ハマってたのは龍騎。一挙見で楽しいのはクウガ。戦闘がカッコイイのは555。戦闘システムが面白いのは剣。
まとまりが良かったのはW。好きなライダーはマッハとチェイス。好きなOPはオーズ。

で、近年の仮面ライダーはそりゃもうゴテゴテしたギミックありきで戦隊ものみたいなのは周知の事実。

俺的にはもう10年前からずっともっと「生物的」な仮面ライダーが見たかったのね。
そういう意味で響鬼が発表された時は期待大だった。おっさんライダーてのもよかった。ただ結果は残念なことに……

で、アマゾンズですよ。
設定も演出も登場人物も渋くてグロくてカッコイイ。
まずOPがいいよね。かっこいいよね。
デザインもイイよね。アルファのつぶやくような「アマゾン」て変身もいいし、オメガのしぼりだすような「アマゾンッ!」てのもいい。
闘い方もイイ。めちゃくちゃだもん。
まだ5話までしか見てないけど、毎回楽しみ。

俺ね、変身ものが好きなのよね。
変身ヒーローじゃなくて、異形の者に変身する設定。
変身する怪物が出てくる漫画ばかり描いてたもの。今思えばね。まあ漫画はもう描かないけど。

で、変身してしまう者の悲哀とかも描かれてるともうイイですね。
そういう点ではアギトのテーマは良かったね。3人のライダー。
ライダーに「なれる者」「なりたい者」「なってしまった者」という3つの視点で描かれるというのはイイね。
これが555あたりからみんなこぞって変身したがる奴らばかりになっちゃってね。
913は死んじゃうけどね。

ということで、「仮面ライダーアマゾンズ」はまだまだ楽しみに観ていこうと思うぞ。
俺が見たかった特撮、怪物、ドラマはきっとこれだったんだ。
関連記事

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 明日はゲームかアスカ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。