明日はゲームかアスカ

赤いプラグスーツとレトロゲームを愛するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊エヴァンゲリオン・クロニクル新訂版でアスカ 22週目

何気に暇を見つけてチョコチョコと360『ロストオデッセイ』を今更プレイしているんですけど、
買った当時はHDにインストールできなかったから、あのロード地獄に耐えられなくて序盤で投げちゃったんですが、結構先が気になっていたんでね。
今ではほとんどロードは気になりませんが、やっぱりテンポは悪いかな、と。
アイテム探したりスキル付け替えたりターン制だったりとね。
メインシナリオは結構いいですよ。
少年少女が世界と仲間たちを守るため世の中に絶望している病んだ青年と戦う、なんていうジャンルではないですから。
1000年生きている主人公っていう部分を抽出して書かれてる「1000年の夢」という短編小説なんかもよくできてていいですし。
個人的には「幼児退行してしまったおばあちゃんの話」と「安楽死をさせる薬を飲みながら死を待つ少女の話」に感動してしまった。他にもいっぱいあったけど。

ただやっぱりもうストーリー重視のRPGはいらないや。

細かいクエストが多いRPGは好きなんだけどねえ。
ストーリーメインのゲームだと1週間プレイできないと戻りにくいっていうのもあるけど、ストーリーが気になってるのにダンジョンやボス攻略なんて気分じゃないよって思っちゃう。
SFCの頃には感じなかったけど、絵で魅せる時代になってからはこれがわりと苦痛を蓄積させているんじゃなかろうかと。
凝ったストーリーは小説かマンガで描いてくれ。
絵で魅せるゲームが主流になってからメディアミックス展開というものもつまらなくなったかも。
ファミコンやスーパーファミコンのドット絵で描かれた世界がマンガになると見事なヴィジュアライズされたりして、子供心に感動したり違和感覚えたり拒絶したりしてた。
マンガや小説なんかでまた補完してたんだよね、ゲームの世界観を。
そういう部分も今はお互い食い合っちゃってるのかなと。


それはそれとして、ロスオデは今DISC4。
やるからには実績も全解除したいけど、本音を言うと既に飽き気味。
でもここでやめるときっと一生最後を知らないままになりそうだからやってる。
つまんなくはないんだけど、面白いとまでも思えなかったのかな。

あぁ、棚に並ぶほかのゲームが魅力的に見えて仕方がないw


画像 192

『週刊エヴァンゲリオン・クロニクル新訂版 22』(デアゴスティーニ)690円

表紙アスカ。掲載されてた使徒XXが欲しい。
それぐらい。
関連記事

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 明日はゲームかアスカ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。