明日はゲームかアスカ

赤いプラグスーツとレトロゲームを愛するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同人誌でアスカ 23冊目

粘液のう胞を切除してもらいました。
治療自体は麻酔効いてたんでなんにも痛くはありませんでした。
けど、麻酔が切れ始めるのが早くない?
1時間ほどで切れ始めたらしく、帰りの電車内でしかたなく痛み止めを飲むことに。もちろん水なし。

寄せて縫合してるため、少し唇が膨れて見えるのは仕方ないのだけど、どうやら歯が当たって切ってしまったのか、
真ん中辺の糸が切れちゃってました。

幸い傷口も早くも塞がってきてるのか、出血もないし痛みもない(痛み止めがまだ効いてるのかな)
奥と手前、両サイドの糸はそれぞれきっちりと固定されてるようだし、まあ抜歯までは安静にしていよう。
とはいえ接客業なので、力いっぱい口開けられないのはちょっとキツイ。
それ以上に今日明日はお酒禁止ってのがキツイ。


なので今日はどこにも寄らずにまっすぐ帰ってきたよ。


画像 101

奴隷スーツと受胎玩具~アスカ、妊娠三ヶ月~』(悶亭&abaloneSoft)2009年12月31日発行

同人誌ね。
先日ご紹介した『泣き叫ぶ玩具』(悶亭)の直接の続編。
今回はテスト用プラグスーツでキモブサにやられるアスカです。
今回のはこのテスト用スーツが改造されていて、スーツ内でいろいろな機能を使ってアスカが気持ちよくされてます。
ほんとに気持ちよさそうです。
こんなスーツが現実に実用化されたら女の子はさぞ楽しめるでしょうね。

うん、陵辱されるアスカは可愛いね。
関連記事

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 明日はゲームかアスカ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。