明日はゲームかアスカ

赤いプラグスーツとレトロゲームを愛するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同人誌でアスカ 22冊目

劇場版が始まったからというわけではありませんが、つい先日『Fate/zero』全4巻読了いたしました。

3巻まではすごい面白かったです。
4巻は微妙でした。
とはいえ結末は決まっていたわけだからああなるしかないんですけど。

ウェイバーと間桐雁夜がいいです。
間桐雁夜にはもっとがんばって欲しかった。不憫すぎる。
遠坂時臣は情けなさ過ぎる。まるでいいとこなし。
雨生竜之介ももう少し他のマスターと絡んでほしかった。
つうかキリツグがキャラ的にガッカリすぎた。完全に厨二キャラだった。


久しぶりにアスカ同人誌のお話。

画像 100

泣き叫ぶ玩具~アスカ淫薬投与輪姦中出し録~』(悶亭)2009年8月16日発行 16P

オールカラーでプラグスーツのアスカ陵辱。
薬投与されて敏感になってるアスカをリツコ監視の元、大勢でってシチュ。

実は表紙のおっぱいの先っちょの描き方に少し抵抗があって今まで読んでなかったのだけど、
正直申し訳ありませんでしたと。

大きなアスカのプラグスーツ絵がたくさんカラーで拝めて満足しました。
若干リツコや遠くに小さく見えるシンジくんの絵が崩れてるようなところもあるけれど、
赤いアスカにばかり目が行くんだから問題ない。

大切なのはアスカなんだからね。
関連記事

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 明日はゲームかアスカ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。