明日はゲームかアスカ

赤いプラグスーツとレトロゲームを愛するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】タイタンの戦い

昔好きだった映画を語るコーナ~

今回はレイ・ハリーハウゼン最後の傑作「タイタンの戦い」でっす。
タイタンの戦い 特別版 [DVD]タイタンの戦い 特別版 [DVD]
(2008/07/09)
ハリー・ハムリンジュディ・バウカー

商品詳細を見る


ハリーハウゼン監督はストップモーションアニメの大巨匠で、ファンタジー映画を語る際には絶対に避けては通れない人です。

今みたいにCGを描けないころ、モンスターと俳優を戦わせるには知恵か忍耐が必要でした。
人型のモンスターなら気ぐるみや特殊メイクでできますが、例えば骸骨戦士と戦うならどうしましょうか?
ということでストップモーションです。
例えば骸骨戦士の人形を用意します。そんでそれをちょびっとずつ動かしては撮影します。
それを何百回何千回も繰り返して、画像をつなげてみれば、パラパラマンガのように骸骨戦士が動きますわけで。
あとはその動きに合わせて俳優がチャンバラを合成するんです。
最も有名なのが「アルゴ探検隊」の数匹(7匹?)の骸骨戦士が同時に襲い掛かってくるシーン。
コミカルで面白かったんです。

ということで、このハリーハウゼン監督作品はファンタジー映画が多くなるんですけど、毎回今度はどんなモンスターが登場するのだろうか?というのをわくわくしながら見る作品になりました。

あずが見た中で好きなモンスターは、やっぱりメドゥーサかな。

というわけで、この「タイタンの戦い」に話が繋がります。
舞台はギリシャ神話で、主人公はペルセウス、ヒロインはアンドロメダ姫といえば大体の人には内容が伝わるかと。
まーオリンポスの神々ってのは自分勝手でわがままで、さらにとんでもなく身内贔屓がすぎるので、人間たちは苦労しっぱなし、ってお話なんですけど。

出てくる怪物も多いです。
メドゥーサ、クラケンあたりは大ボスです。
ペガサスは移動手段です。
後は大さそりとかバルチャーとか首が2つある狼だとか。まあこの辺は終盤に来てただのデカイサソリかよってのけぞらざるを得ないとこなのですが・・・

この作品、実は気に入ってる部分のひとつに、ヒロインのアンドロメダがかなり可愛いというところがw
いあ、今見ても結構いけてますよ。
それとは対照的にメドゥーサ。というかこのメドゥーサが出てこなかったらこの映画大変マズイ作品に成り下がっていた、ってぐらい秀逸です。デザインも演出も。
このメドゥーサを知ってるとFateとかまた違ったイメージで楽しめますよヽ(;´Д`)ノ

正直30年近くたってもいまだにこのメドゥーサを超えるメドゥーサを見たことないですね。
関連記事

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 明日はゲームかアスカ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。