明日はゲームかアスカ

赤いプラグスーツとレトロゲームを愛するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読了】「ゲーム批評」vol.18 1998年1月号

唐突だけど突然昔深夜で放送してた「ヴァニーナイツ」が見たくなった。
どこかに中古で安くDVD売ってないかな。
キャスト見てみたら脇役にギャレン橘さんが出てた!
つーか出演陣が割りと有名人ばかりだった。


まぁた古い「ゲーム批評」を読んでみました。
1998年1月号。

テーマは「ゲーム業界、ここがカッコわるい!?」

まあだいたい想像通りのネガティブな内容。
ユーザーのために作らない、とか、発売延期、とか、まあいろいろ書いてあったけどほとんど印象には残ってないな。
それ絡みで『VIPER F-40』というエロゲーが元となってソフ倫を脱退したメーカーや流通のその時点でのあらましとか書いてあった。
VIPERシリーズは当時エロゲーとか全然やらなかったけど知ってたタイトル。
それほどの有名シリーズの凋落がここから始まったかのようです。そのごどうなったのかはよく知りません。

それと横井軍平氏についての特集。
横井軍平氏はいわずと知れた任天堂の今を築いた偉人ですが、詳しくはwikiでも見てください。
この号が出るちょっと前に交通事故でお亡くなりになっています。
日本にとって大いなる痛手だと12年たって改めて痛感する想いであります。

あと韮澤靖のビデオズモンスターワールドは作者多忙のためお休みだそうで・・・・・・・・・ちっ

ま、そんなとこかな



今日やったゲーム

win『ランスVIゼス崩壊(廉価版)』 
むちゃくちゃ面白いです。コンシューマの大作RPGたちは完全に負けてますよ。システムも操作性もシナリオもキャラクターも。エロとか抜きでね。
関連記事

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 明日はゲームかアスカ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。