明日はゲームかアスカ

赤いプラグスーツとレトロゲームを愛するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ワイルドアームズ ザ フォース デトネイター」

空を見上げるキミがいるから

ワイルドアームズ ザ フォースデトネイター(初回生産版)
img 520
※以下、書き溜めたノートより抜粋

1日目
・いい加減に寝ないといけない時間なのに寝付けないので、最初のイベントだけやるつもりでプレイスタート。
・2段ジャンプやスライディングで兵士に見つからずに駆け回る。アクション性が増したね。
 それによってシリーズを離れたプレイヤーもいる。うちのオカンだ。
・4作目(Fも数えれば5作目)、主人公の少年(ジュード)もヒロインの少女(ユウリィ)もテンプレキャラ。
 はじめて見た女の子に「守ってあげる」と言っちゃったり、囚われの身なのに歌なんか歌ってひたっちゃったり。
 厨二病患者は受け入れちゃうんだろうな。
 とはいえまっすぐな正義感を持った主人公というのは嫌いじゃない。悪ぶって斜に構えて反抗的な社会に甘ったれてるキャラよりずっといい。
・HEXシステムのバトルは今までよりも面白い。スキルもLvで習得は楽でいい。
 ただ赤や緑などの属性HEXが画面を色鮮やかにしすぎと感じる。今までの荒廃した世界観となんかマッチしない。

2日目
・ラクウェルという女剣士は道徳と正義感の持ち主ですね。安心します。
 ジュードの無知による後先考えない行動が目立つので、大人な考えがPTに入ると落ち着く。
・敵勢力が個性的ね。「ブリューナク」ですか。漫画的だけど期待。

3日目
・ジュード「声出していこう!」バスケマンガじゃないんだからさ・・・
・ボム置いて、瓦礫吹っ飛ばして、瞬間アクセラレイターで加速、橋が落ちる前に渡りきる。
 謎解きにアクション面が強くなってしまった。確かにうちのオカンじゃ4でやるのやめちゃうわけだ。
・「プラタパナ回廊」にて再会した兄クルースニクと妹ユウリィが大事な話をしてるのに邪魔をするジュード。
 こいつサイアクだ。
 本当に今までのシリーズで1番イラつく主人公だ。
 正義について悩む少年というのは構わんが、やはりこの10代前半の少年という存在はイラつくだけだ。
・「アルジェントネーベ」溶岩地帯抜けたら次は雪山ですか。ジュードはオーロラ見て感動してるけど、生き別れていた兄と再会できたのに、薬で苦しんでるのを置いて逃げることになったユウリイのこと考えたら無責任すぎる。お前が邪魔しなければもっとじっくりお互いの主張を交わすことが出来ただろうに。
 もう、マジやだこのガキ。
・バトルは楽しい。対処法を編み出したら雑魚戦は同じようなターンの反復になるけど、これはバトルスタート時のフィールド属性とキャラ配置のランダムさで有利不利が発生する。
 ストーリーを追いかけたい。戦闘はボタン連打のオート作業という人には向かないかもね。
・シリーズ重ねて削ぎ落とすところは削ぎ落としてる。
・マップクリアー型のゲームデザインも嫌いじゃない。ダンジョンなど1つ1つ個性があって好きだ。
 でも視点固定だから今やるとちょっと狭苦しいかな。
4日目
・「引かれ集う水のほとり」パースが斜めなのに移動は補正かかんないから蛇行する。3D移動のだめな点。
 視点固定だから奥に向かってジャンプは無駄に難しい。
・「天地を分つミムクリルゥ」はジャンプが横から見れるので楽しい。景色も美しい。
5日目
・ラクウェル「道は1つではない。うつむかない限りはな」
・「埋葬都市」PTメンバーがバラバラになる展開はやっぱり1回入れて欲しいな。わりと好き。
・ラクウェルはやっぱり病気か。走るの苦手とか剣戟で息切れとか、ここで謎のセキとか。結構重い設定もってきたか?
6日目
・議会騎士団の底が知れたな。結局永遠の命か~。
7日目
・OPアニメが変わった。WAシリーズはOPアニメが変わるのが魅力。
・お~やった~!ラムダ局長カッコイイ~!老害を駆逐せり!
・ラムダ局長を見て暴走するジュード。突然キレる子供だな。クルースニクとファルメル(ブリューナク副長)にボコボコにされた。ざまあ。
・今更なんだけど、このゲーム、キャラの名前が覚えにくい。メインPT4人の名前も間違える。
 何故かユウリィとアルノーが逆に覚えちゃってる。ラクウェルもよくラクレインとか言っちゃう。なんで?
8日目
・「ブルーアミティビーチ」は美しい海岸線。DS『RIZ-ZOAWD』の夏の国を思い出す。こっちのが先だけど。同じメディア・ビジョンだし。
・「廃棄ブリッジXdXs」のブレイクポイントの敵「EXPバスター」やりすぎ。5回もロードしなおしたわ。
・この壊れた海峡の橋渡るのPS2『絶体絶命都市』の序盤思い出す。
・「閉鎖空港ディエバス」に出てきた「ジェーン・ドゥ」って敵、なんか韮澤靖っぽいデザインね。
・ガウンさんはガン=カタ使いか。最期は鉄拳でミサイル迎え撃つとかバカだけどカッコイイな!
・「ゲームは1日(最低)1時間」
9日目
・ちょっと!!!ラスボス「アークインパルス」で止めって、それまでに4回ぐらい見たからエフェクト飛ばしたら最後だけそのエフェクト違うのかよ!飛ばしたら会話イベント始まっちゃってスッキリしないんですけど。

というわけでクリアー。
あまり寄り道もせず、合成とかもせず、本編クリアーでもういいや。
最後までジュードにイライラムカムカさせられた。
体験のない薄っぺらな正義と理想をわめくだけでなんにも共感はない。
それが子供の特権だ、と微笑ましくも思えない。だってゲームの主人公だから結局こっちの主張が通っちゃう。
だって相手は殺しちゃってるんだもん。
こんなにキライな主人公もそういない。ゲームとしては楽しかったけど主人公はサイアクだ。ガキキライなのもあるけど。
敵キャラ含めてもっと描けただろうね。使い捨ても多かった。
アルノーとラクウェルのEDはよかった。
どうにもならない事にもあがいて、小さくてかけがえのない幸せを見つける人生の儚さがあった。
ただ今のご時勢で被爆ネタはデリケートな気分になっちゃうね。まあ7年前の作品だしね。
スポンサーサイト

同人誌でアスカ 88冊目

img 519

『TWINCLE』(天狗のつづら)2011年12月31日発行 32P

同人誌でアスカ 70冊目」でご紹介した本と続いてるのかな?ミサトさんになんでち○ち○が付いてるのかわからなかった本です。青葉シゲルの名前が出てこないネタでしたね。絵も構成も上手かった記憶です。

今回も構成うまいです。アスカとシンジが猿みたいにしてる部屋の隣ではち○ち○あるミサトさんにやられてる伊吹マヤが。もちろんリツコさんもいるけど。
その後アスカたちとの部屋の壁が撤廃され、マヤとアスカはやられちゃうわけでして。
しかもなんかマヤにいたってはボンデージとか着させられちゃってるし。

あまり見かけない伊吹マヤのボンデージ姿とか、アスカと一緒にやられちゃうとか。とても楽しい32ページです。

アスカよりマヤ本って感じだね。

同人誌でアスカ 87冊目

img 518

『催眠術でネルフに潜入してJCパイロットや司令室の女ども相手にエロい事ヤリ放題。』(悶亭)20011.12.31発行 カラー16P

タイトル長ぇっ!内容はこのタイトルの通りでした。
悶亭さんの本は「同人誌でアスカ 79冊目」以来ですね。あれ2011年5月でした。
なんか今調べてたら8月にもアスカ本出てたみたいです。やべーそれ持ってない。

ポテ腹じゃないアスカも可愛く描けるじゃないですか。ねえ。

『CLAYMORE~銀眼の魔女~』

クレイモアのDSアクションゲームですよ。原作大好き。アニメは見た事ないです。


CLAYMORE (クレイモア) ~銀眼の魔女~
img 517
※以下書き留めたノートより抜粋

・アニメじゃないOPムービーなのは好評価。無表情なクレアにポリゴンムービーは良く似合う。
・単純にアニメのアドベンチャーゲームでなく、2D横スクロールアクションに仕上げた企画は好評価。
・アドベンチャーパートは声あった方が良かったかもね。なんか味気ないね。
・向きかえるのにイラつく。そこでダメージ食らう。
・妖力開放をうまく使わないとボスとか苦労する。
・DSでアクションは疲れる。ボタン押しにくい。
・原作は最強に面白い少年漫画。原作知らないと話しついてけない。
・クレアは誘い受けだと思う。
・ミリア姐さん強いよっ!!
・キャラの左右の向き切り替えが遅い。敵を斬りつけてても前進してしまい、斬りながら敵とすれ違っちゃう。
 すぐに向き変えて追撃したいのにできなくて逆に攻撃される。
・ガラテアとクレアとジーンで西のリフルとダフ相手になんかやってるけど全然伝わってこないよ。
 立ち絵とセリフとSEだけではね。原作覚えてないとついてけない。
・クレア編は原作通りに進んでていいんだけど、過去話のテレサを飛ばしてるから突然イレーネが出てきてもワクワク感がない。簡単に説明されるけどね。
・高速剣強い。しかも出しやすい(連打)
・クレア編、ステージ13(一応ラスト)は北の戦乱まで。ユマは名前は出てくるのにタバサと1番好きなシンシアだけ出番なし。仕方ないけど残念だ。
 本編の北の戦乱から7年後、シンシアだけ7人の中で1人だけブルマ履かされてるから好き。元ナンバー14と7人の中でミリア姐さんに次いで2番目なのに回復担当とか絶対1番受けキャラだ。ゲームには関係ない話だけれど。
・ラスボスの芋虫から蛾になった覚醒者ってオリジナルだよね?獅子王リガルドが最後じゃダメなのか?
 スタッフロールの最後の絵もリガルド戦だったし。
・ミリア編、高速剣に慣れ親しんでしまった身としては連打しても意味がないことに不安と不満が募る。が、ミリア強いし大丈夫。原作でも好きなキャラ。北の戦乱後は何故か髪をアップに束ねるという女らしい一面を見せてくれる。クレアとおそろいのミニスカートを着用。こっそりクレアが好きに違いない。
・テレサは上下の溜め攻撃が優秀でなんら問題なかった。
・テレサは攻撃の3段目で大きく前進するからすぐ岩場から落下死する。
・このゲームに落下死はいらないだろう。しかも橋の下や崖下が画面から見えないからなす術なく落ちていく。

あんまり楽しいゲームではなかった。

『VALHELLIO』

ヴァルヘリオです。
とらのあな専売のPC用、縦弾幕シューティングです。
元々は携帯電話だそうです。そっちは知りません。

img 516
※以下書き留めたノートより抜粋

・ストーリーモードのOPが長いよ。歴史とか神話の語りから始まるムービーほどつまらんものはない。
・ルキア?男イラネー(パッケージ中央の男)
・このTonyのデザインで『オトメディウス』だったら良かったのにね。
・Tony買いです。
・女パイロットならやらしい制服と決まってます。それが世界の法則です。
・ディスク誤動作回避とかログファイルとか面倒くさいことやらされた!マニュアルにあるゲームが起動しない症状にガッツリはまった。運が悪い。
・音(パッケージ右の青い女)はルキアが好きなの?いらない設定だなぁ。
・ステージ間の話も長いよ。
・ヒルデガルド隊長が1番声下手?
・ルート1のノーマルモードでプレイ開始!ステージ1はカンタン!
・ステージ2もカンタン!
・ステージ3もカンタンだった。
・ステージ4もカンタンだな。
・ステージ5もカンタンだった!初見プレイでノーコンティニュークリアか。
・「マナ」とか設定よくわかんない。わかる努力もしたくない。
・もっとTonyにいろいろ描いてもらえればよかったね。ほぼ立ち絵のみ。
・EDに1枚絵あったわ。
・何故アイリス(パッケージ左の赤いうさみみ。ヒューマノイド)がいなくなったのか、音でプレイしただけじゃ知れないのね。
・ところでアバストにブロックされてチェスト行きにされるので、プレイ前にきっとかないといけない。
・アイリス編であるルート3。「仲間だから懲罰が免れる」という身内びいき的な考えは大嫌いだ。
・アイリスがスピードあって1番やりやすいかな。
・アイリス、ラスボス戦でコンティニューしちゃったんだけど、真EDになったみたい。1枚絵が出れば真ED?
 電波シナリオすぎてバッドEDなのかトゥルーEDなのかわかりにくい。
・ストーリーモード3ルートあってアーケードモードならどの機体でもどのルートでも遊べる。
・そこそこ弾幕系で遊んでる人ならカンタンな部類ですかね。
 突き詰めていけば奥深いかも。私のようにたまに息抜きでシューティングやる程度の人でもギャラリー全解放とかは余裕で出来ます。
・ハードモードは要練習。いけそうな。でもいまはいけない。
・「・・・・・・」沈黙のセリフの際に必ず「むはぁ」みたいな息を呑んでるんだか吐いてるんだかの表現をするんだけど、昨今のアニメ的な演技よね。やたら目に付くし鼻につく。いらない。
・蒼井音は性格はビミョーだけど見た目は最高。
・アイリスは人間じゃないけど存在が最高。

・Tony絵が好きでたまに息抜きにSTGしたくなるような人なら全然楽しめる。
 STGは2000円前後で充分いいものが出揃ってる。「トラブルウィッチーズねお」とか。
 ケイブのゲームも好きだけど、プラコレ待ちしちゃうのよね。

Newest

Designed by Akira.
Copyright © 明日はゲームかアスカ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。