明日はゲームかアスカ

赤いプラグスーツとレトロゲームを愛するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアカップ 日本1-0オーストラリア

優勝しました!やったね!

明日も朝から仕事なのに延長戦とかなった時にはおうおうおうおうって思ったけど、

優勝したから文句なんかない。

李のボレーも美しかったし。

120分ガマンの展開が続いたけれど最後に笑えてよかったね。

そしてようやく「ドーハの悲劇」を上書きできそう。

コンフェデ出場権も得たし、次はコパ・アメリカ?
コパ・アメリカも苦い思い出があるから是非リベンジしてほしいですね。

では寝ます、おやすみ。
スポンサーサイト

アジアカップ準決勝

なんとか決勝進出。
GK川島のPK戦はワールドユースの時を思い起こさせる神がかりセーブ連発でしたね。

ほんとは優勝して終わるまでなにも書かないつもりだったけど、
もう書いてクールダウンしないと寝られないよ。

てなことでもうほんとにアジアカップって毎試合気が抜けないね

勝ったから言えることだけど。
特に今回のカタール大会は1試合1試合無駄試合がない。
毎試合毎試合何かしらのテーマが生まれてくる。課題と共に。

正直アジアカップは圧勝だった2000年のレバノン大会の印象が根強くあるので、
今回同様第苦戦だった2004年の中国大会以降、日本の強さがいまいち測りかねていたんだけど、
まあアジア全体が少しずつ強くなってきてるってことなんでしょうね。

ようやっとジーコの負債が薄れてきた具合かな。

今の代表は好きですよ。
ちょっと守備に不安があるけども。

やっぱり文章がまとまってないな。
優勝したときにまた何か書きましょう。優勝しなかったらなにも書かないということで。

ここはアスカネタを語るブログなんだし。それ以外は自重。

同人誌でアスカ 72冊目

img 379

「束縛アスカ」(なかよひ)2010年12月31日発行 28P

この冬もなかよひさんのアスカ本。いつもどおりのアスカ本。
ウチの記事としては「同人誌でアスカ 54冊目」以来。夏でした。

「束縛」と書かれてるけど中身は可愛い手錠しながらしてる程度。
「束縛」は「束縛」だけど。
「拘束」となるともっとキツめになるのかな。
「緊縛」となるともうガッチガチなイメージだけど「ボンデージ」というより「縄」って印象になるね。

アスカの着てる衣装がとっても可愛いです。表紙の衣装ですけど、表紙では正面が見えないですね。
正面が可愛いです。
こんな従順なアスカを1人ぐらい欲しいです。

ファイナルファンタジー2 FC版

img 378

「ファイナルファンタジー2」ファミコン版です。1988年発売のRPGです。
それとファミマガ編集部の攻略本です。大して役に立ちません。
その理由は、今となっては常識といえるほど広まりましたが、当時は大勢が誤った攻略法を行ってました。
「ABキャンセル」ですね。
攻撃を何度もキャンセルして熟練度を上げたり、攻撃力が下がるから盾は装備せずに片手だったり、防御力の上がる重い防具を装備したり、味方を殴ってHP上げたり。
これみんなしてました。あずもしてました。だから終盤になるとモルボルグレートの状態変化攻撃やクアールのブラスターに大苦戦。
だって攻略本にパーティアタックとか書いてあったんだもの。

ということでなんか唐突に普通にFF2をしたくなってWiiのバーチャルコンソールでダウンロードしました。
写真にあるとおりソフト持ってるんだけど、VCの方がやりやすいかなっと思ってダウンロード。
いや、まあ、現在のスクエニはあまり好きなメーカーではないので、お金を落としたくはないんだけれど、これ作った当時のスクウェアとそのスタッフは今も好きなので、新たに買いました。
今現在のスクエニに在籍してる人たちは、当時のスタッフたちが残していった遺産で食べてるわけですしね。
変なリメイクよりもFC版ですよ。

というよりもパーティアタックやABキャンセルは想定外だったようなので、それでは当時のスタッフが想定していたゲームバランスを味わいたいと思ったので始めました。
ついでに言うとFC版のFF2は自力でクリアーしていなかった。

んでクリアーまでしました。

img 371
img 374

HPも1000ぐらいでいいの。
必死に10000以上も上げてたのは無駄だったの。
大事なのは回避率。盾と軽い防具。これが大事。
ただ何度かウォールデスは使ったけど・・・・・・
あ、皇帝はブラッドソード余裕でした。
って結局裏技使っちゃってるんだ。

だって全滅したらセーブからやり直し、ダンジョン内ではセーブできない、なのに1度入ったらクリアーするまで出れないダンジョンがいくつかあるんだもの。この点だけはきつかったかな、精神的に。
でも全体的にはバランス優れてた。今やっても充分に面白かった。
アイテム所持数が「だいじなもの」のせいで大変圧迫されるのに、状態回復アイテム必須なところとかも含めてバランスよかったと思う。
それとBGM。寂しげなフィールドと癒される街の曲がいいですね。
グラフィックに関してはドラクエに比べフィールドの広大さが目をひくね。白い山並みがいいんだよ。
ドラクエは1マス1マスに地形グラフィックを配置してたけど、この頃のFFはグラフィックは完全に勝っていたと思うね。
どっちも好きだけど。

ちなみにWiiはみんなのニンテンドーチャンネルだっけ?に繋ぐとそのゲームが全国でどれぐらい遊ばれてるかがわかっちゃう。

img 376

このソフトが遊ばれた時間・回数
全国の合計 65126時間  35707回
1人あたり平均 13時間52分 7.6回 (2011年1月11日調べ)


だそうで、

img 377

あずのプレイ時間は32時間53分で30回遊んでるわけだから、全国平均を大きく上回っていますね。
ていうかやっぱりちょっと遊んで止まってる人いっぱいだろうね。
まあタイムアタックで3時間でクリアーもできるそうだけど。そこまではいいや・・・

ちなみにFF2の遊んだ記録のすぐ下がWiiショッピングチャンネルでしかも5時間って・・・
Wiiで遊んでないのがバレバレだな。

同人誌でアスカ 71冊目

img 366

『CL-orz:13』(クレスタ)2010年12月31日発行 16P

同人誌でアスカ 56冊目」にてご紹介させていただいたクレスタさんのオールカラーA4判のアスカ本、というかエヴァ本。
今までアスカ、マリ、レイとそれぞれ1冊ずつA4判のオールカラー本がありましたが、ついに3娘がそろい踏みです。
一体どこまでうらやましいんだシンジくんって奴は。
考えてみれば父子問題を帳消しに出来るほどの恵まれた環境過ぎると思うんですけど。今更ですが。

それはともかく3人そろい踏みなれど、なんとなくどころか完全に中心はアスカだと思う。そう描いてる。
真ん中に立ってるし。
やっぱりこういうシチュエーションだとわがままつっぱってるキャラが1番可愛いもんなんでしょう。
どんな世界もそうだけど、奥手や消極的なのが損をするってもんなんですね。
周りが持ち上げてセッティングしてくれて、なんていうのは妄想でしかないんです。
やっぱ自分から動かないとね、って何の話してんだ。

Newest

Designed by Akira.
Copyright © 明日はゲームかアスカ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。