明日はゲームかアスカ

赤いプラグスーツとレトロゲームを愛するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊エヴァンゲリオン・クロニクル新訂版でアスカ 10週目

引っ越します。

4月から新生活です。

というわけで今日、ガスの開栓手続きをしたんですよ。
そしたらびっくり。契約時に都市ガスだと聞いていたのに、調べてみたらプロパンだったというわけ。

ありえねーよ。

実は物件選びの段階で、プロパンではなく都市ガスで、って基準で選んでいたわけ。
それが契約も済んでこの段階で間違えてましたって、ありえねーよ。

ものすごい不服ではあるけれど、いまさらキャンセルも効かないので、まあとりあえずはこのままです。

ただし、うちはちょっと複雑な事情があるので、半年後にはまた新居に引っ越している、そういう可能性もあります。
そういう可能性もあるので、今日のところはぐっと飲み込むことにします。


画像 138

『週刊エヴァンゲリオン・クロニクル新訂版 10』(デアゴスティーニ)690円

そんなわけで今週も買ってきたわけだけれど、いまだ1ページも読んでおらず。

特筆すべきは綾波レイのプラグスーツが紹介されている点ですね。

プラグスーツ大好きなんで。

今週はこれまで。
また来月ノシ
スポンサーサイト

週刊エヴァンゲリオン・クロニクル新訂版でアスカ 9週目

楽しいことだけを数珠のようにつむいで生きていられるはずがないんだよ。


毎週火曜日は週刊エヴァンゲリオン・クロニクルの日

画像 137

『週刊エヴァンゲリオン・クロニクル新訂版09』(デアゴスティーニ)690円

何故だかツタヤで買うと689円で買える。
Tポイントも溜まるし、なるべくツタヤで買うようにしようかね。

09号の目立った記事はエヴァ量産型についてと、キール議長についてかな。
特に旧劇場版にあたる「Air」「まごころを君に」関連の情報は今読んでても楽しい。

解釈も人それぞれだしね。

あとはエヴァのプラモデル関連のカタログが懐かしかった。
あずも当時は零号機改のリミテッドモデルを作ったもんだ。
細かいパーツや箱はもうないけど、本体だけは今も残ってる。

さすがにもうプラモデルを作る根気も道具も場所もないけどね、完成品で充分です。

同人誌でアスカ 29冊目

あ、タイトルが小文字になってる。

画像 136

『A-five』(なかよひ)2004年12月30日発行 26P

先日の記事「同人誌でアスカ 28冊目」でご紹介した同人誌「A-FOUR」の続き。

今回はカラー口絵も4枚収録されてる。

そして冒頭いきなり新キャラのオヤジキャラ。先生らしい。
そして調教済みらしいこれも初登場キャラ、委員長がスク水でやられてる。

どうやらアスカはこの先生の指示で落とされてしまったようです。

んでもう壊れてしまってるようなアスカは校内のある部屋に監禁されていて。
このオヤジにすき放題されちゃうんでしょうね。

当然のように続くようなので、機会があればまたご紹介したいと思います。

同人誌でアスカ 28冊目

最近の人生の楽しみは3つ。
仕事の休憩時間にちょっとずつ触ってるPSP。ずうっと初音ミクproject divaやってる。
帰ってきてからの晩酌。ワインか日本酒飲んでからの焼酎。
寝る前に探して見るレトロゲーム関連の動画。

この3つしてるときはなんとか楽しんでいられる。
これ以外の時間はつらいだけ。人生ってつらいだけ。

さてアスカ同人誌のお話です。

画像 135

『A-FOUR』(なかよひ)2004年8月15日発行 28P

過去記事「同人誌でアスカ 26冊目」にてご紹介した『A-three』の続編。

タイトルのFOURが大文字になった。

体育倉庫に放置されていたアスカがとうとう完全に堕ちてしまう話。
自分からねだるし、そのさまをビデオに録られてしまったし。
次回からの展開に期待させます。

期待してます。

機会があったらご紹介したいと思います。

同人誌でアスカ 27冊目

久しぶりに同人誌関連の更新ですよ。

画像 134

『綾波倶楽部四』(片励会)2004年12月29日発行 76P

当ブログ記事「同人誌でアスカ 6冊目」にご紹介したサークル片励会のエヴァ本。

↑の該当記事で取り上げてるのが2009年発行のイラスト集なのですが、この綾波倶楽部四で収録されているアスカ絵が前回記事の「モージェ」にも収録されています。

だから、アスカ狙いであるならば、モージェがあればまあ別にこれは・・・

あ~、でもモージェには載ってない絵もこちらには2枚あります。
だからやっぱり2冊とも手に入れるべきでしょう。安いですし。

本誌はメインは綾波の短編と委員長の短編です。
つうか「四」ってなってるぐらいだから前シリーズから繋がってるみたいです。
私は持ってませんけど。
だからこれ続いてるんだろうけど内容はわかりません。

ほんと、アスカにしか興味ないのかね?

というわけで、アスカ好きにはオススメしにくい内容の本です。
それでも1~3があるならば手には入れておきたいなあ。

忘れてた!

もうひとつ短編があります。
ケロロ軍曹を登場人物に置き換えたパロディマンガが収録されてます。

そういうのがキライじゃない方向けですね、これは。

あと、かわらじま晃って方は二人組みなんですね、知らなかった。

Newest

Designed by Akira.
Copyright © 明日はゲームかアスカ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。