明日はゲームかアスカ

赤いプラグスーツとレトロゲームを愛するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSP2でアスカ

今書けるアスカネタが特にないまま1週間放置してしまいました。

1ヶ月に1枚は描こうと言っていたアスカ絵も描いてないし。
鉄拳6が思いのほか面白くなくて困ってるし。
気楽に気長に対戦格闘したくて買ったのに、家庭用のメインがシナリオキャンペーンモードというやたらに長くてかったるいムービーがちょくちょく挿し挟まる操作性の悪いアクションモードだなんて。
キャラ毎のシナリオはこのモードをやっていくことでアンロックされるキャラをこのモードで遊ばないと見れないとか。
こんなモードはじめから遊ぶつもりなかったんですけど。
キャラカスタマイズもさ、なんかつまんあいんだよね、ラインナップが。
あずは5のときから風間飛鳥使ってるんだけど(ここはアスカを語るブログですしね!)カスタマイズするアイテムになにも魅力的なのがない。致命的。
リリに鞍替えしちゃおうかしら。そのリリもPSP版の5に比べてよくないけどね。
全体的にPS2の5よりも劣ってます。
オンライン対戦はそれなりに楽しいけど、5戦に2戦はラグラグだったり。おかげで勝てたりw
だいたい実績がおかしいもの。ほとんどシナリオキャンペーンモードで解除するものばかりで、オンライン関係の実績は「30回戦えば解除」てのが最後かな。
そりゃーランクマッチで10連勝とか、300回戦やれとか、そういうのってお手上げだったりするけど、いくらなんでも簡単すぎる。ラグもひどいし開発者的にはオン対戦してほしくないって事か?で、シナリオモードをやれって?
もう本当に残念です。
ついでに同じバンナムの360「ナムコミュージアム バーチャルアーケード」はまだ未開封。
こっちも気軽に気長に遊ぶつもりで買いました。

あとはあれ、PSP「エルミナージュ2」です。
ウィザードリィって書いてないけどウィズライクなシリーズ。
これ発売前は全然ノーマークでした。
フェイスロードを知るまではね。
自作したキャラアイコンを48×48のBMP形式でPCからPSPのメモリースティックに移せばゲーム内で使用可能って、素敵過ぎる。
PC版「戦闘の監獄」でもそれ目当てで買ったけど、あれより優れている点は、6人までのキャラアイコンが画面下に1列にずらっと並んで表示されるってとこ。
戦闘の監獄はステータス画面と戦闘コマンド入力時に1人1人画面に映るだけでいっぺんに並べることが出来なかったからね。
こんなところに食いつく人ってのがどれぐらいいるかわからないけど、あずはここに食いつくんです。
まあアイコンは2次ではなく3次で作る予定ですが・・・キメー
で、このエルミナージュ2、発売日がベヨネッタや鉄拳6や光の4戦士とかぶったためか、初日売り上げが7000~8000本だとか。
だけれどもamazonなんかはもう在庫切れなのよね。で、古市とかも2件周ったけど置いてないの。
売り切れ。エンターキングも売り切れてた。
なのにカメレオンクラブでは売ってましたよ。買えましたよ。じっくり遊びたいと思いつつもまたしてもDQ9が止まってしまうな、とか考えてる。
携帯機の掛け持ちって不便でね。主に仕事の休憩時間に遊ぶので。家だと据え置きで遊びたい。
メガテンもラブプラスも放置されちゃってますのよ。

で、うまい具合にエルミ2を買った日が、PSP「ファンタシースターポータブル2」の体験版をショップで配布始まる日で、これはPSP本体かPSPソフトを買って、その際に店員さんに「体験版をくれ」と言うともらえる。インストールしちゃえばディスクはいらないので、友達にどんどん回してしまえばいい。
この体験版を欲しがってる知人がおったので、エルミ2を買うのにも丁度よかったんです。

で、せっかくだから体験版を遊んでみる。つーかとっくに予約もしてあるし。

画像

作ったキャラがこれ。一応ヒューマンのハンター。
アスカに見えますか?
見えるように作ったんだけど。

なんつってもこの作品、あちこちとコラボしてるわけだけれど、その中にエヴァがある。
作品内でプラグスーツやロンギヌスの槍を装備できる。アスカについてはテスト用プラグスーツまで配信されるとか。
ならばアスカを作って待つしかないでしょう。
今回の記事はこれを書くために書き始めたんですけど、随分長くなってしまったような。

他にもFateや初音ミクやら。もう好きな作品ばかりがコラボってて困るんですけど。
今作は是が非でもやりこみたいと思いますよ。
あとこれで「一騎当千」でもあれば完璧だったんだけどな、個人的に。
もーちゃんがすきでね、どれぐらい好きかと言うと

画像 084

これぐらい。

デキの悪い16巻の限定版を表紙に釣られて買いながらも通常版も買うぐらい。
さらに同じ表紙絵のガム本誌もとっておくぐらい。
フルカラー版は予想通りガッカリな内容だったけど、表紙に釣られてとっておくぐらい。

とりとめのないエントリー記事を書いちゃったぐらい。
そんなお話ノシ
スポンサーサイト

同人誌でアスカ 8,9,10,11,12,13,14冊目

野球の日本シリーズ第3戦、パが日ハムのせいか見ていてすごい退屈だったのですが、日テレからBS1に視聴を替えたらあらビックリ。
解説の武田さんがむちゃくちゃ聞いてて面白かった。勉強になった。
やっぱスポーツ中継はBS。日テレ巨人戦の視聴率が悪いのはプロ野球人気のせいじゃなくて解説の人選が悪いんだよ。もう気づいてるんでしょ?

もうひとつ、きにいらないことを。
DSで11月19日にamazon専売で発売される『ウィザードリィ生命の楔』。
昔の古きよきウィズ#1、#2、#3、#5のテイストで作ってるっていうから速攻予約したのに。
先日、そういえばウィズどうなったんだろうと公式サイトへ行ってみればなんですかアレ?
キャラにグラフィックを付けるのは別に構わないけどさ、キャラクター紹介に「物語の主人公」という顔つきの人間男シーフ少年キャラがいるんですけど。
他にも顔つきのNPCが多数いるけれど。

ウィズにそんな主人公チーム作っちゃダメだろう。これ詐欺じゃねーのか?
物語に絡むNPCが入るのは別に構わないけどさ、こういう紹介は誤解しか生まないでしょう。
しかもなんかテイルズみたいな恥ずかしい技名とか表記されちゃってるし。

発売まであと2週間?最悪5日前ぐらいまでに公式でキャラ作成に関する詳細、NPCの関わり方、後半までロストはしません、という公式内の説明文の意味がアナウンスされなかった場合は残念ですが予約キャンセルさせていただきます。
誤解ならそれでうれしいし、だんまり決め込むならウィズファンにとってうれしくない内容だって事が伺えるわけだからね。
だったらそれ買うお金とプレイする時間を「エルミナージュ」のDSとPSPに振り分ける方がいいや。



前置きが長くなってしまった~
今日もアスカ絡みのお話をさせていただきますね。
ここはアスカのことをお話しするブログなんだ。

アスカの同人誌です。(正確にエヴァの同人誌だけど、内容的にはこれはもうアスカの同人誌です)

画像 083

『RE-TAKE』
『RE-TAKE1,5』
『RE-TAKE2』
『RE-TAKE3』
『RE-TAKE0』
『RE-TAKE4』
『RE-TAKE After』(スタジオKIMIGABUCHI)

で、ございます。

これはもう大変面白く(アスカ好きですからね)素敵で(アスカ好きですからね)素晴らしい本です。
簡単に言うと、Air/まごころを君にの直接の続編で、アスカに「気持ち悪い」と言われたシンジ君が目を覚ますとそこは病院。時間はシンジくんが第16話のディラックの海から生還した直後というあたり。
そしてその目覚めたシンジくんはこの後どうなっていくのか(TV版の内容を)全て覚えているという状態から始まるわけです。
まあ、後日譚形式ですね。

シンジくんは今後「なにをしなければ」トウジがどんな目にあうか、知ってるわけです。

戦おうと思えば戦えた

そうやってひとつひとつよかれと思う方向へ向かうわけだけれど・・・


や~、これは読んでて大変面白かったですね~。
正直すごいですよ。
1巻のラストからしてシンジくん共々読者を突き落としてくれる引き方してくれますからね。

んでもってアスカが可愛いです。なんか、可愛いです。
「今、幸せか?」と加持さんに聞かれたときのアスカの表情が1番可愛かったかもです。

という感じに、これは何書いてもネタバレになっちゃうし、ネタバレしないで読んだほうがいいんで、紹介はこれぐらいで。
まあ、シンジくんはいびつにかっこいいし、そのシンジくんの「景品」としてのアスカは最大限に可愛いです。
ちなみにリツコさんがあんまりイジワルじゃなかったですw
びっくりしちゃうぐらい周りの大人たちがそれなりに大人してますね。
そこに読んでて安心感を得られるのかもしれないな。

タレントでアスカ 2人目

前回の更新から約1週間たってしまった。
そんなつもりはなかったのに。
決して「ベヨネッタ」のせいではないですよ。面白いですけど。まだまだそんなにはやってませんし。
トーチャーアタック決めたときのボタン連打のおかげで翌日夕方ごろに突然右手のひらが健勝炎ぽくなったのには笑ってしまいましたが。

ちなみにうちはアホなので、ベヨネッタは360版とPS3版の2枚買ってしまいました。
あず~りさんは360版を自室でプレイ。
PS3版は居間で妹がプレイ。
なんとなくHD機ってさ、個人所有って感じがするんだよね。家族で1台ではない。
サインインとかさ、ネットできない人ってまだまだ多いしさ。
そういうところが売れない1番大きな要因なんだって、わかってるはずだろうけどさ、技術進歩がはやすぎんだよね。


さて、無駄話はここまでだ。

アスカのお話をするブログなんだ、ここは。

芸能人でアスカに扮する人でまっさきに思い浮かぶのはしょこたんこと中川翔子。
ていうお話を前回したはず。
そのお写真をよく拝めるのがこれ。

「しょこたん☆ぶろぐ2」
画像 081画像 082

ちょっとだけアスカも。
見事にプラグスーツですね。写真集よりも安価だし、制服よりもプラグスーツだという諸兄にはうってつけかと。
この他にもブログで載ってたアスカ写真が複数掲載されているけど。
やっぱもっと大きな絵でみたいものですね~。

ちなみにあず的にはアスカのプラグスーツはテカテカしているべきだと思います。
ただの布切れで作られたものではイマイチのりきれませんね。

しょこたん☆ぶろぐ2しょこたん☆ぶろぐ2
(2006/10/18)
中川 翔子

商品詳細を見る

Newest

Designed by Akira.
Copyright © 明日はゲームかアスカ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。