明日はゲームかアスカ

赤いプラグスーツとレトロゲームを愛するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PSP】ペルソナやってみた

昨日届いたPSP『ペルソナ』を最初だけですがやってみましたよ。

最初だけですが、言いたいことがいっぱいありますよ。

まずデモムービーが流れます。いい歌ですよ。いい歌ではあるんですよ。
でもやっぱり雰囲気がペルソナ3と4、3に近いかな。女神異聞録とは全く雰囲気が違う。
なんかね、明るすぎるんだよね。
女神異聞録の(デビルサバイバーは全く一切関係ないですよ、念のため)OPってもっとドロドロして暗いんだよね。積み木の模型が倒れる様とかさ。
PSPは全然スタイリッシュにしちゃってます。単品で見るならいいデキですよ。

んで、空き教室でみんなでペルソナ様を降臨させるおふざけが始まります。

ここでちっちゃい女の子の幻影が現れて皆がパニック起こすシーン、ここでアニメが入ります。
主人公、マーク、ゆきのさん、南条くんが次々雷に撃たれて気絶するシーン。
このシーン、南条くんの目線で進行します。主人公後ろのほうで目立たず倒れます^^;

ペルソナやった人ならご存知でしょうが、このシナリオ、主人公より南条くんのほうが中心になって話が進みます。
まあ、アトラスRPGは基本、主人公=プレイヤーのDQ式なので、なおさらなんですが。
まあ、また南条くんの人気が復活するいい機会かもね。

そんで、フィレモン登場です。アニメで登場です。南条くんですら声ないのにフィレモンはぺちゃくちゃしゃべります。まあこれは昔からそうなんでいいんですけど。

いいたいのはアニメについて。
PS版はここモリモリ動くポリゴンキャラだった。画面いっぱいに表示されるポリゴンのおっさん。
今見ると、どころか、当時からしたって異様な光景だった。
でもポリゴン見るだけで楽しかった時期だったから・・・・・・・・
それに逆に、その稚拙というか異様な光景が不思議空間を生み出していたのは確か。

当時中二病全開に近かったあずは一気にのめり込んだもの。

んで、目が覚めて、校舎内を歩き回るんですが。
BGMが歌。
これはもうペルソナ3からの流れなんでいいんです。歌もいい歌です。
でも、女神異聞録のいい所をまたひとつつぶされてしまった感じ。

当時、校舎内の3Dマップを歩くのが異様なほど気持ちよかったんです。
歩くたびにカツーンカツーンと小気味よく足音が響くんです。それにあわせて滑らかにいい具合にマップがスクロールする。そして微かに放課後の生徒たちの嬌声がバックに流れてたりする。
ああ、学校の放課後なんだなぁ、って、当時やっててすごい引き込まれた。

PSP版にはそれがないです:;
歌が邪魔してるとは言わないけれど、感動はなかった。
あれか?イヤホンかヘッドホンすれば聞こえるのか?
あとで試してみます。

ここまでで共通してるのが、PSP版はなんか全体的に音楽のせいで雰囲気が無駄に明るいんですよ。
違うんだよ、ペルソナはさ。
空はいつだって曇り空なのさ。もっと殺伐としてるんだよ。
それは何故かというとマキちゃんの物語だからなんだよ。
決して制服の色がグレーだから曇り空ってイメージなんじゃないんだよ。

とはいえ、きっとこの後街がホントに殺伐となっていくわけだから、そうなった時にさすがPSP版パワーアップしていやがる!って雰囲気になることを期待しよう。

画面についてはワイドになって見やすくなっていい感じ。
ただ、しゃべってるキャラの顔とかが表示されるんだけど、ちょと小さいかな。前はもっと画面内に顔が大きく表示されてたと思うんだけど。なんかこじんまりしちゃったかも。

あ~あと、パッケージイラスト、よ~く見ると絵がへたくそです。
これ金子一馬氏じゃないよね?違うといってよバーニイ
なんか説明書とかにも載ってた主人公の絵とかさ、以前の絵の線画だけトレースして塗りなおしたっぽく見えるんだけど、線も汚いし、つーか線は死んでるし、なんかヨボヨボなんだよね。
ここまで雰囲気変えるんだったらしゃべってる時の表情も何パターンか用意すればいいのに。
このあとのソウルハッカーズや罪、罰の時点で表情パターン分けてたんだし。

なんだろ、目黒将司さんがディレクターだから、絵よりも音優先になっちゃったかな?
あ~そいえばタイトルバックに流れてたの、目黒さんが始めて作ったというベルベットルームの曲が流れてたよ。
別に悪くはないけど、あの火サスみたいな始まりも好きだったんだ。

まあ、好きな作品だし、携帯機でペルソナやれるなんて気軽でうれしいんで、じっくりねっぷり遊びたいと思います。

ペルソナペルソナ
(2009/04/29)
Sony PSP

商品詳細を見る
スポンサーサイト

【PSP】ペルソナ届いた

PSP『ペルソナ』が発売日である今日に届きました。
ペルソナペルソナ
(2009/04/29)
Sony PSP

商品詳細を見る

発売日には来ないと思ってたのでちょっとうれしく思います。
明日からはDSではなくPSPの稼動が増えそうです。


まだFF3全員の全ジョブ熟練度99になってないのになぁ


最近読んだマンガ
モーニング『変ゼミ』1巻2巻 
 世の中の変態(性的な意味で)のことを語ってる変体漫画。これ読んで自分は全然変態じゃないな、と思えた。第2話でもう食○の話とか。殺し屋一で見かけた針で吊られるやつとか、ないわぁ。
でも「彼女に愛想つかされたい願望(ただし本当に愛想つかされたくわない)」とか「ウェット&メッシー」とかはちょっとわかるなぁ・・・・・・・・
新刊で買ったけど何度も読むものじゃないかな。
あと「寝取られフェチ」だけはいつまでたっても理解できない。
変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
(2008/07/23)
TAGRO

商品詳細を見る
変ゼミ 2 (2) (モーニングKC)変ゼミ 2 (2) (モーニングKC)
(2009/04/23)
TAGRO

商品詳細を見る


肩こりがひどいので、整骨院の午後の診察時間が始まるまでの開いた時間30分を使ってこの『変ゼミ』買って、日差しの暖かい、子供たちの嬌声の中、公園のベンチで読みながら時間をつぶしていました。
本のチョイスを間違えてるなぁ、と思いましたお話o(*∇)ノ

【購入】足りない画材を買ってきた

画像 016

画像 017

欲しかったアスカのバニー

画像 015

じゃなくって、御茶ノ水へ行って足りない画材を買ってきた。
御茶ノ水へ画材を買いに行くなんて随分久しぶりのこと。
昔はよく買いに行ってたんだけど。デジタルでやる作業が増えるたびに足が遠のく街になってしまった。
この街に住みたいとまで思っていたのに。

作業はペン入れまではアナログで。なんとなくペン入れが好きなんですよ。インクのにおいかな。Gペンでガリガリ引っかく音かな。まあ描いてる間は肩がこって大変なんですけど。

昔と違ってスキャンした後修正できるからペン入れにかける気合は弱まったけどねぇ。

画像 014

何故かPSP-3000も。当然スピリテッドグリーン。
エヴァの新キャラも緑でセクシーなプラグスーツ着てたし。
PSP2のウワサが出てますけどね、どうせすぐには買わないんだし、ペルソナ出るんだし、いつまでもPSP-1000ってわけにも行かないし。

ところでゲームソフトを棚に並べるのが大好きなあず~りさんとしましては、PSP2でUMD廃止、DL配布、という流れが気に入らない。まあまだウワサでしかありませんけども。
でもどうも世間的にはそれが歓迎モードなような気がしてならないんですが。
メモリースティックやSDカードの中にゲームのデータが入ってるだけで皆さん満足なんですか?
あずが世間からズレテルだけなんですか?

メイド喫茶のチラシ配ってる金髪外人メイドさんがいてすげー可愛かったんだけど、あずは洋物がだめで日本人じゃないと萌えれないんですけどそれってやっぱり世間とズレテルんでしょうか。
つーかメイド喫茶ってもう外人さんのメイドさんまでいるんだね。

そんな感じで『ローリングサンダー』を買ってしまった。ファミコンの。
子供の頃、このパッケージ見て興奮してた。ピッコロ大魔王に捕まった女スパイ、レイラを救出しろ、っていうアクションゲーム。続編はメガドラで出てるしバーチャルコンソールでも配信されてる。
このパッケージいいよね?それともやっぱりあずは世間からズレテルんだろうか?
本当は今度有野課長が挑戦するらしいファミコンの『レイラ』っつーゲームを買ってやってみようと思ったんだけど、高かった・・・・・・・・・箱つきだと3000円ぐらいした。
PSP-3000買う予定だったから、やめちゃった。

その代わりにレイラ繋がりでローリングサンダー。1000円ぐらいでした。

最近やってるゲーム
win『ランスVI』まだまだプレイ中。ロリータハウスとか酷い。
DS『FF3』クリアーした後も延々レベル上げ&熟練度上げ。宝箱回収率が99%で止まってる><

【読了】「ゲーム批評」vol.18 1998年1月号

唐突だけど突然昔深夜で放送してた「ヴァニーナイツ」が見たくなった。
どこかに中古で安くDVD売ってないかな。
キャスト見てみたら脇役にギャレン橘さんが出てた!
つーか出演陣が割りと有名人ばかりだった。


まぁた古い「ゲーム批評」を読んでみました。
1998年1月号。

テーマは「ゲーム業界、ここがカッコわるい!?」

まあだいたい想像通りのネガティブな内容。
ユーザーのために作らない、とか、発売延期、とか、まあいろいろ書いてあったけどほとんど印象には残ってないな。
それ絡みで『VIPER F-40』というエロゲーが元となってソフ倫を脱退したメーカーや流通のその時点でのあらましとか書いてあった。
VIPERシリーズは当時エロゲーとか全然やらなかったけど知ってたタイトル。
それほどの有名シリーズの凋落がここから始まったかのようです。そのごどうなったのかはよく知りません。

それと横井軍平氏についての特集。
横井軍平氏はいわずと知れた任天堂の今を築いた偉人ですが、詳しくはwikiでも見てください。
この号が出るちょっと前に交通事故でお亡くなりになっています。
日本にとって大いなる痛手だと12年たって改めて痛感する想いであります。

あと韮澤靖のビデオズモンスターワールドは作者多忙のためお休みだそうで・・・・・・・・・ちっ

ま、そんなとこかな



今日やったゲーム

win『ランスVIゼス崩壊(廉価版)』 
むちゃくちゃ面白いです。コンシューマの大作RPGたちは完全に負けてますよ。システムも操作性もシナリオもキャラクターも。エロとか抜きでね。

【読了】ゲーム批評vol.15 1997年7月号



このレトロゲーム嘘字幕シリーズがむちゃくちゃに面白いwwww
言ってることの半分も理解できなかったけれど^^;
ファミコン以前にまで話が行くともうわからないことだらけです。
今でも遊べるんならいつかお目にかかりたいな。


さて、先日古本屋でくたびれた『ゲーム批評』数冊購入しました。
とりあえず読んでみた97年7月号はおよそ全体の半分近くのページを『ディアブロ』特集に割いている。

『ディアブロ』はやってないんですよね・・・
ちょろっと触ったことがある程度。
確かに当時やってる人も多かったね。windows95時代です。
結局日本語版は出てないんですかね?記事中でもローカライズできない理由が語られてましたけど。
ソースとリソースを分けずにハードコーティングしてしまったそうです。

他には『リッジレーサー』や『セガラリー』作ったという佐々木建仁氏のインタビューとか金子一馬氏の連載「カズマデラックス」ではGショックについてとか。

全然興味ない話題で盛りだくさんヾ(´▽`;)ゝ

しかし韮澤靖氏の連載「ビデオズモンスターワールド」のテーマが「トリッキー・アクションモンスター」として『悪魔城ドラキュラX月下の夜想曲』が取り上げられてたのはヒット!
錬金棟の壁にひっついて移動してる「アルティ・バラティエ」と蔵書庫2に出る串刺し死体が槍の柄でケンケンしてくる「スケアクロウ」について絶賛してた。スケアクロウは案山子(かかし)という意味ね。

あとは『たまごっち』に代表されるバーチャルペットについてとか。
この部分もほとんど読んでないんだけど、当時『たまごっち』が空前のヒットで話題でした。
生きていないバーチャルなペットを飼うことによる子供の死生観についての悪影響的な話題が多かった。
あれから10年以上たったけど、あのころ幼年期で『たまごっち』を遊んでた子供も高校生大学生くらいでしょうか。実際悪影響はあったんでしょうかね?

あとは「攻略本は必要か!?」というアンケート企画。
攻略本はFF7の解体新書、FF8のアルティマニア辺りからどんどん高額化、分冊化が進んで行った記憶。この97年7月号時点ではFFはまだ7が出て半年程度のことなので、現在とは攻略本事情も大きく異なる。だいたいネットが各家庭に普及する以前のことだし。

現在では攻略本は資料的な価値が大きいかな。攻略情報だけならネットで充分だしね。
ちなみにあずは攻略本を集めるのも大好きです。あまり新刊では買いませんが・・・

ゲームソフト批評は『ブシドーブレード』『クーロンズゲート』『マクロスDIGITAL MISSON VF-X』『ソビエトストライク』『機動戦士ガンダム外伝3部作』『FF4(ps)』『ブラストドーザー』『実況パワフルプロ野球4』『電車でGO』『悪魔城ドラキュラX月下の夜想曲』

半分以上やったことあるゲームでした。

Newest

Designed by Akira.
Copyright © 明日はゲームかアスカ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。