明日はゲームかアスカ

赤いプラグスーツとレトロゲームを愛するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長編超伝奇小説 双貌鬼 魔界都市ブルース

読みたい本を見つけよう

『長編超伝奇小説 双貌鬼 魔界都市ブルース』を20年ぶりくらいに読み返しました。



作者は菊地秀行氏。
ぼくもご多分に漏れず高校生時代には氏の作品にハマっていました。
結構片っ端から読み漁りましたね。
氏の代表作と言えばこの『魔界都市ブルース』や『吸血鬼ハンターD』などでしょうか。
これらの作品は舞台設定やキャラクター人気が高まり今でも新作が発表されてますね。
多分終わりはないんでしょう。

で、本作『双貌鬼』はそんな氏の作品の中でも随一の人気主人公である秋せつらの長編2作目です。
秋せつらが主役を張るシリーズは短編集の『魔界都市ブルース』シリーズと長編の2種類に分かれます。
長編は吸血鬼や神隠しなど毎回核となるテーマがあるんですが、この『双貌鬼』はペルソナかな?

ただただこの作品、実はぼくの中では当時から印象が弱い作品でした。
他の秋せつらの長編ものに比べて敵も登場人物も地味というか。長編2作目なんですけどね。
1作目の『魔王伝』(全3巻)に比べて箸休め的な感じがしちゃって。
ま、若かったんだろうな。

しかし本作が当時高校生だった自分にとってあまり受け入れられなかった要因はちゃんとあります。
それは本作のヒロインが旦那と男子高校生の子持ちという人妻熟女であったということ。その1点。

菊地作品はご存じエロとバイオレンスな作品なので(まして魔界都市新宿ですよ)当然ヒロインは何らかの形でサービスしなくてはいけません。
けどさ、高校生の読者が高校生の子を持つ母親がヒロインで、しかもそのHシーン読んで受け入れられると思います?
普通に考えてそれ受け入れるのはごくわずかでしょ?
わかってます。これ別に高校生向けに書かれた作品ではないですから。

ということであれから20年ほどたった今になって読み返してみたのですよ。
もちろん家の本棚からはとっくの昔になくなってしまっているので改めて買い直して来ました。
そして読んだ感想は、この人妻ヒロインいい女だよな!

わたしが変わった理由はあります。
最近リアルで好きだった女性がまさに高校生の子持ちバツイチ女だったんです。しかもわたしより1個上。
いや自分でもびっくりしましたよ。なんで好きになっちゃったんだろうって。
残念ながらこの恋は実ることはなくなってしまったのですが、代わりにこの『双貌鬼』を思い出し。読み返し、20年前の自分とは全く違う読後感を与えてくれたというわけです。

本には読み時というものがあるのですね。
それは決して最新刊だけの話ではないのです

ヒロインの印象もそうだけど、魔界都市の印象も違って見えた。
昔はただただ暴力と妖物と超常現象を便利に書ける舞台設定だなという印象であったものが、今見るとそこまで暴力的ではないのかもと思えた。
どれかの本のあとがきにも書かれていた記憶があるが、魔界都市にも一般人が多く住んでいるわけで。

久しぶりに小説なんて読んだけど、没入感は半端なかったですね。
これを機に菊地作品をまた読み返してみようかな。

『双貌鬼 魔界都市ブルース』が私の読みたい本なのであろうか……
スポンサーサイト

【学研】 邪神伝説シリーズ

仕事(お店で接客)、外食(地元駅前)という半日の間、DQ9のすれちがい通信を入れっぱなしにしといたのですが、呼び込みに成功した人数  1人!!

あんまりいないのか?地元にはDQ9をやっている美少女は??
この1人はあずにとっては始めてのお客様なので、まだ誰もいないロイヤルルームにご案内しておきました。出来る限りずっと永劫に閉じ込めておきたいと思います(´_ゝ`)クッククク・・


話し変わってマンガ読みました。

矢野健太郎『邪神伝説シリーズ』全五巻
1988年から5年間、Gakkenのコミックノーラに不定期掲載されていた中短編集です。
矢野健太郎のマンガは実はあまり読んだことなくて、毛野楊太郎のエロマンガなら昔読んだことあって、結構エロが鬼畜で、まあ、楽しかったんですけど、でもこれ一応別人ってことになってるのかな?どうみても絵柄もそっくりなんだけど、まあよくわからないことをあまり突っ込んで書かないほうがいいですよね。

で、邪神伝説。
テーマはそのものずばりクトゥルー神話です。
クトゥルーものの小説自体をかなり取り入れて、真正面からクトゥルーものを描こうとしてて面白かったです。
最近クトゥルーものを積極的に手を出してるんですが、原典はいまいち頭に入ってきにくくて。
けどこのマンガはその辺を噛み砕いてて入り込みやすかったです。

残念なのは1巻に掲載されている「ラミア」というお話が1番面白かったことかな。
2話目からシリーズの主役になる渚ちゃんが活躍する話が増えますけど、サイキックものとしてみるには懐かしい感じがすごく楽しかったんですが(こういう世界を懐かしむってどんだけ嗜好が偏った少年時代をすごしたのかw)クトゥルーとしてみるとやはり絶望感が足りなくなる。
まあ今読んでるからそう思うんだろうけど。

全体の感想としては読めてよかったです。正直すごく楽しんで読んでました。
今後もクトゥルーものをちょこちょこ探して接していきたいですね。
あくまでフィクションでのことですが。

【読了】蛇王再臨

蛇王再臨

このタイトルは感慨深い。この4文字だけで即座にアルスラーン戦記が出てくることと思う。

いや、いまだと蛇王ザッハークとはファイナルファンタジー11アトルガンの秘宝のことだと思っちゃう奴もいるかもしれない。いないか。

というわけで、アルスラーン戦記13巻です。
出てるの全然知らなかったよっ!!!!!!!!!
たまたま本屋で見かけて「蛇王再臨」って書いてあって「えっ!?????」ってなって。

出たのは2008年10月10日
12巻「暗黒神殿」から22ヶ月での発売。
まあ早い方かな。

にしても「蛇王再臨」ですよ
このタイトル、確か角川文庫版の4,5巻あたりのあとがきで既に発表されていた記憶が。
当初は7巻ぐらいで付く予定だったタイトル。
ついにか。

感慨深いね。

12巻の感想は過去に書きました⇒アルスラーン戦記12巻

この12巻の最後の方

ナルサスのセリフから始まる会話
「クバードの功績は、ペシャワールを守り抜いた点だけにあるのではない。
イルテリシュに向かって、ペシャワールを未来永劫わたさぬ、と言明したこと、これが大きい」
ダリューンが首をかしげた。
「それが功か」
「大功だ」
「ふむ、クバード卿の発言は、武人としてまことにあざやか、わが軍の決意を知らしめるものだったとおれも思う。ただ、だからといってイルテリシュがペシャワール攻略を断念するとも思えん。
むしろ意地になって、何としてもペシャワールを手に入れようとするだろう」
「だからいいのさ」
それだけいって、ナルサスは笑っている。


この部分のナルサスの真意が13巻でわかります。
正直読んでて「ええっ、そう、おお~」と感嘆せしめられました。作者の思うつぼか。

パルス国内で魔物が跋扈している現状は、周辺国からすれば対岸の火事以上に関係ない話。
それがナルサスの大胆な計略によって、シンドゥラとチュルクをも魔軍との戦いに巻き込めるという、読んでて快哉ものでした。

さて、13巻はそんな楽しげなシーンばかりではございません。

もう表紙めくった途端に目に入る口絵でイヤな予感が走ります。
12巻で大怪我を追ったルシタニアの女騎士エステル。そう、20年前から読んでるものとしては、このアルスラーン戦記のヒロイン筆頭候補です。
アルスラーンとエステルは敵同士だったけど同い年。
捕虜となったエステルの牢へアルスラーンが食事を持ってやってきた時の会話はよかったですね。あれは4巻「汗血行路」。
敵軍の食事などいらない。と無理をするエステルにアルスラーンはこう提案する。
「こう考えたらどうかしら。これは君にとって敵の食物だ。だからこれを君が食べたら、敵の食物が減ることになる。君は敵に損害を与えることになる。これはりっぱな武勲じゃないかな」
少女はまばたきした。


このシーンの会話では他に、パルスの王族は角や尻尾が生えている、という会話があったりしたのだけど、それを覚えておくと13巻で「あ~」ってなれます。

そう、彼女の物語はここまで。これは当初からの予定通りだったのだろうか。

思えば幸薄い、報われない少女でした。
常に正論、弱きを助ける理想の騎士像を追い求める、ゆえに空回りばかり。
されど物語に与えた影響は大きかったですな~。
それはナルサスも劇中で触れています。事はパルス国家の行く末にまで影響を与えている。

元々旧王家と血の繋がりのなかったアルスラーンを王位に即かせるには、王者たるべき資質は血統ではない。という事を納得させる必要があったと。
そのためにアルスラーンはその名を持って侵略者ルシタニア軍を追い返し、宝剣ルクナバードを携えている。
そしてそのことが遠因となり、アルスラーンに世襲制をよしとしない傾向が現れている。
故にアルスラーンには世継ぎを残す意思がない。

この部分はこの物語の結末がある程度見えてきた部分じゃないですかね。

13巻はこれで終わらないです。
途中ミスル国を手に入れたヒルメスの話が入りますが、そこはまあいいか。

13巻にはもうひとつ重大イベントが。
ようやくアルスラーンの十六翼将が発表された。
十六翼将、この設定も随分昔のあとがきで書かれてましたな。
当時は十四翼将のはずが十六になりそうです、とか言ってた。

ざ~っとパルスの主要人物を上げていくと15人なんだけど(アルスラーンのぞく)、16人目がまさかまさかのドン・リカルド。
第一部では蛇王見ちゃって発狂しちゃったルシタニア騎士、という脇役中の脇役だったのが、第2部になってあれよあれよと重要人物に。もちろんここまでキャラを格上げしたのはエステルに寄る部分が大きいんだけど。

そうか~、こいつが十六翼将か~。その発想は完璧になかったわ~。いつから決めてたんだろう。だってエステルがなるのかな、とか思ってたんだもの。
エステルの代わりと劇中でも言ってるしな~、活躍してもらいたいですな~。

変わりに悲劇がもうひとつ。
第2部になって作者によって不幸を味わわされている人、ザラーヴァント。
故郷は壊滅するし、親は悲惨な目にあっていたし、いいことはなんにもないのに不幸ばかりかぶってる。トゥースばかりいい目見て。
そんな不幸人ザラーヴァントも退場。それも悔しい終わり方。

そうか~、こりゃあここから最後にかけてどんどん退場者が増えていくな~。
何人残るのだろうか。
最近なんだかナルサス辺りがやばそうなんだよな。最後まで残らないんじゃなかろうか。

そんなイヤな予感をはらみつつも物語りは以下続刊。
早く次が読みたいです。

あと内容は何でもいいのであとがきも書いて欲しいです。
近況とか知れるだけでも次への待ち時間を軽減できるもんなので。

ほんとはもっと書きたいことあるけれど、とりとめもないのでここまで。
本気で長い感想を書くのは完結したとき、ということにしておきます。

蛇王再臨 アルスラーン戦記13 (カッパ・ノベルス)蛇王再臨 アルスラーン戦記13 (カッパ・ノベルス)
(2008/10/07)
田中 芳樹

商品詳細を見る

ヤングエースVol.1

新創刊された「ヤングエース」Vol.1買いました。
移籍連載再開された貞元「エヴァンゲリオン」が一挙2話掲載!
あずは単行本既刊11巻までの内容しか知らなかったのですが、ヤングエース読んで思ったこと。

最初からクライマックスだぜ

いきなり魅せてくれたね!

もうカヲルくんの出番も終わってて、戦自がネルフ本部に攻撃を仕掛けてきてるんだけど、つーかようやく旧劇場版の話に入ってきたわけで。

なんせ驚いたのが階段下でうずくまるシンジくん、殺されそうになったときに助けに現れたのがミサトさん・・・ではなくってゲンドウ!!

そこでゲンドウとシンジの会話がなされるんだけど、なんつーかようやく腹割って話した会話がコレか・・・
あまりに報われないシンジくん。
旧劇場版に比べて展開はわかりやすいですね。ゲンドウが饒舌な分。

これは来月も楽しみです。

画像 068

で、これが付録の真希波・マリ・イラストリアスのフィギュア

食玩サイズぐらいあるのかと思ったけど、ガシャポンサイズでしたか。そらそーだな。
あまりに直立不動の仁王立ちすぎていまいち面白みがないですが、まあマリGET第1弾としてはこれぐらいか。
来月は式波・アスカ・ラングレー大尉、再来月には綾波レイが付くそうで、とりあえず3号連続で買ってみることにします。来月は間違いなくエヴァの続きも載ってるみたいだし。

ちなみに他の連載作品で目を通したのは矢上裕の新連載、アゲハなんとか。
まあ無実の罪(と主張する)女優?演技派な女性と、まんまとだまされて脱獄を許してしまった刑務所の所員の話で、まあぶっちゃけデザインはまんまエルフを狩るモノたちの愛理さんと淳平くんなわけでw
しかも、その女を探す手がかりが背中のアゲハチョウのタトゥー。演技派なので変装されると見破れないが、背中のタトゥーは消せない。ならば片っ端から女を脱がせていくぜっ!

ってまんまエルフじゃねーかよw

まわりまわって一周してきちゃったかw
まあ読みやすくて面白かったですよw

あずのヤングエース本誌はもう古本屋の棚にならんでしまってますが・・・

とりあえずもうちょっと見ていこう。

ヤングエース Vol.1 2009年8月号 [雑誌]ヤングエース Vol.1 2009年8月号 [雑誌]
(2009/07/04)
不明

商品詳細を見る


あと真希波・マリ・イラストリアスのプラグスーツフィギュアももう出ますね

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 真希波・マリ・イラストリアス プラグスーツver. (1/10スケールPVC塗装済み完成品)ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 真希波・マリ・イラストリアス プラグスーツver. (1/10スケールPVC塗装済み完成品)
(2009/11/26)
Wave

商品詳細を見る


一応こっちもチェック。

【マンガ読み】最近読んだマンガ

画像 064
今月発売の「Newtype」7月号、もらいました。

知人が中身見たらあげるよ、というので、何故?と思ってたらなるほど、表紙が素敵なアスカなんですね!
買ってきて、その場で開封して、はじめの一歩が今月で最終話であることを確認して、本を閉じて、あずにくれました。

え!?????そんだけ???

そこが気になってたんだそうで・・・・・・・・・そのためだけに780円払ってきやがったのか、こいつ・・・

まあ、あず的にも表紙以外なんにも興味がないんですけどね、アニメ見ないし。
あとおまけでアスカのイラスト入りグレーのTシャツが付いてきました。

そっちは本気でいらね~w

まあしかし、この表紙はいいよね。
TV版のアスカは作画の乱れが著しいキャラだっただけに、新劇場版の高いクォリティーには期待しています。なんとなくシャープさが増した感じが・・・・・・



さ、て、最近読んだマンガ(コミックス)のことでも。

「ワンピース」64巻
ついにインペルダウン内に話が到着。なつかしいバギーとか3とかボンちゃんとかクロコダイルとかエースとか出てきた。
新キャラは七武海のジンベエと監獄所長マゼランとか。
ここから更に面白くなるわけだ。でもそれはまた3ヶ月ほど先のお楽しみ。こっからなのに。

「ブリーチ」39巻
どんどんつまらなくなっていく。せっかく砕蜂や京楽が出てきてるのに。
後半から一護の戦いが始まってしまったので次巻はさらにつまらなくなる予定。
主人公のクセにこいつの戦いで面白かったためしがないとは。

「ToLOVEる」14巻
もちろんDVD付き限定版とは別に通常版も買ったさ。あたりまえだろ。
ちなみにDVDはまだ未開封だったりする。美柑とヤミという素敵な表紙絵を大きなサイズで欲しいから買ったんだし。読む用&棚に陳列用として通常版も別途購入。
ということは、あれだ、この表紙の絵のためだけに限定版3500円を買ったというのか?

あるある

「バスタード」26巻
もう何年付き合ってるんだ?
13年目にしてようやく長かったウリエル戦が終わった。
そしてまさかのアムラエル復活という何の伏線もないくせに超絶美形主人公だからか生き返らせちまうなんて。バ・ソリーの蟲でも拾っといたのか?
それにしても絵柄の変化がマズイ方向に来ている。ぶっちゃけ皆ブサイクすぎるだろう・・・
かつては日本トップクラスのうまさだったのに・・・・・・・・・
次巻からは18巻の続き、堕ちる箱舟とポルノ・ディアノ戦の続きを書くと。未発表(同人で発表された)原稿が100ページぐらいあったはずだけど、あれ使うんだろうか?

まあどっちにしてもまた2年後かな。

「ナナとカオル」1巻2巻
これネットで読んだSM小説に出だしがそっくり、って思ったらその作者の名前がマンガ内でも頻繁に出てきてた。ならいいっか。
個人的には好きでした。3巻早く出ないかな。ちなみに成年指定ではないですよ。
成年コミックの感想なんてここでは取り上げません。

いや、成年コミックってみんな絵が上手いんですよ。

「Fate/stay night」9巻
面白かったです。読みやすかったし。
マンガ版は基本、凛ルートなところが実に良いです。
絵柄も初期とはだいぶ変わりましたね、良くなってますよね、Fateとして。

「魔界天使ジブリール」
チャンピオンRED(いちご?)のやつ。まあ、おもしろ・・・っかったよ

「戦国ランス」1巻
メディアワークスから出てるやつ。ひどい。

「御剣ハルカ危機一髪」1巻
かぢばあたるのマンガって、なんでかアクションが読みやすい。
昔Gファンタジーで連載してたやつ(タイトル忘れた)も結構好きだったんだ。
加えてこれはヒロインピンチのシチュエーションが好き。みんな憎めないかわいらしさ。
ゲームブックみたいな構成はめんどくさ、っと思ったけど、結局順番どおりにページをめくっても理解できる範囲なのが良かったです。

「EVILIVE」1巻
作者のD.Pさんはチビキャラ描かせたら日本一だと思う。
成年コミックの「ポコといっしょ」「ポコとワンダフル」が好きだったので見かけたときにこのEVILIVEも買いました。最初失敗だったか、と思ったんだけど、ベル子がちっちゃくなった瞬間に、これでついていける、っと思えました。

「初犬」1巻2巻3巻
この人、絵、めちゃくちゃうめぇー!!!!
ほんと、マンガとして、画面が実に素晴らしい。パラパラめくってるだけで幸せになれちゃう。
ちなみにこれは成年コミックですよ。

あとなんかあったかな~?
できるだけ新しい作品を取り上げようとこの辺に絞ってみましたが。

じつは買うだけ買って読んでない本も結構あるんで(特に小説)積みゲー共々崩していかないとね。



最後に、先日読んだ「ジオブリーダーズ」15巻、の続きがどうなってんのか気になって、本屋で掲載誌を読んだのですが、



登場人物が総とっかえで第3部開始とか描かれてて・・・
詳しいいきさつはわからないので、その辺は16巻を楽しみに待ちますが、ひとつだけ。

その第3部の舞台が福井県敦賀市とはっ!!!

うちの親父の田舎で自分も子供の頃よく帰ってた街で。

狭い街なんで、ジオブリみたいに地域密着な破壊表現をしてもらえるかもと思うとますます楽しみになってきた。
気比神社(神宮?)とか言ってるんだもの。

やっぱりロシアがらみのネタとか原発とか舞台として魅力を感じてもらえたのだろうか?
16巻早く出ないかな。
敦賀は17巻からか?

Newest

Designed by Akira.
Copyright © 明日はゲームかアスカ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。